剣武天真流   Kenbu Tenshin Ryu

剣武天真流は、天真体道のメソッドを基盤とした新時代明るく楽しい「居合抜刀・剣術」です。柔かく美しく剣で舞うボディーアート的表現が特徴です。

 

剣武は、日本の武道の長い歴史が生み育てた緒流の古武術を収集し、それらを現代武道(新体道)の動き、健康を促進する体操、瞑想法(静&動)などと組み合わせ、現代人が学びやすい形に統合されています。

 

古代から神聖な存在である刀と一体となり剣の技、型、動きを学ぶことは、私たちのいのちの神秘に気づく機会を与えてくれることでしょう。

  • 剣武では、体作りの基盤体操である「天真体道ボディーワーク」剣技バランス良く学ぶことが出来ます。(『天真体道ボディーワーク』を行った後、その動きを応用して剣の技や型を学んでゆきます。)
  • 芸術性思想哲学が統合された剣武は、柔らかさ気の流れを重視し、しなやかな心身と豊かな感性を育みます。
  • 剣武は、武道の枠を超えた明るく健康的な体技です。
  • 剣武では、刀と一体となることを通して自己、社会、自然、そして全てのいのちの源である宇宙の生命エネルギーと調和した生き方を学んでゆきます。
  • 剣武の大基本には、平和への祈りを現す型もあります。
  • "動の瞑想"とも言える剣武は心身共に爽やかに整え、豊かに育てます。
  • 剣武を通して体技のみならず、道具を大切にする気持ち、他者への思いやり感謝の気持ち、そしてこれからの社会の中で必要な言葉や人種の壁を超えたコミュニケーション力を養ってゆきます。
  • 剣武はフランス、イタリア、フィリピン、ネパールなど、国際的に広まっているので年に一度の剣武合宿では、様々なバックグラウンドを持つ道友とお稽古を楽しむことが出来ます。